毎回圧倒的に聴衆を惹きつけるアップルCEO、スティーブ=ジョブス陛下のプレゼン術についてまとめた記事を見つけました。


Articles from: mbp&co, WIRED VISION, Business Week
記事によると、ジョブス陛下のプレゼンの要諦は

1. テーマを示す
2. 意気込みを表す
3. アウトラインを示す
4. 数字に意味を持たせる
5. 記憶に残る瞬間を作る
6. 視覚的なスライドを創る
7. ショーとして伝える
8. 小さな事に動揺しない
9. メリットを売り込む
10. リハーサル、リハーサル、リハーサル

なのだそうで、確かに、日頃会議や発表の場でも少しのこころがけでその内容を引き立たせることが出来るのかも知れないな、と思いました。