CategoryThink, Think, Think

2018年の目標

「『いつか』と思っていると、『いつか』までの距離は果てしなく縮まらない気がします」(小林麻央)

喪中だったので、新年のご挨拶はご遠慮させていただきました。年賀状いただいた方にはすぐにお返事できなくてごめんなさい。
今年の目標を立ててみました。
 
(1) 読書
今年も200冊超えを目標に読みたいと思います。数をこなせば良いというものでもないから、こころに残る作品を選ぶ目利きも大事だろうと思うし、ウェブや新聞記事などでチラっと紹介されていたような本でも、自分に関心が持てれば読み拾っていきたいなと思う。
 
(2) 映画
月1本、年12本を目標に観たいと思う。これまた、数をこなすというよりも、良い作品を取りこぼさないように時間を取りたいと思っています。
 
(3) ドラマ
朝ドラと大河ドラマは欠かさず観ているけれど、ほかにも面白そうなドラマは録画したりレンタルしたりして観ようと思う。
 
(4) 出張、旅行
最近、出張といえばインドばかりなので、今年は行ったことのない国や地域に行くことを目標にしたいと思う。自分で決められない部分もあるけれど、国内旅行であっても、まだまだ行ったことのないところは多いから。
 
(5) 友人と会う時間をつくる
昨年も比較的時間をつくれたと思うけど、今年も意識して機会をつくりたいと思う。
 
(6) 家族
平日は僕の帰りが遅く、週末は妻子が少年野球に出かけてしまうので、なかなか親子いっしょに過ごす時間が取れないんだけれど、意識して家族で出かける時間をつくりたい。
 
(7) 語学
昨秋から、母校のフランス語の先生がOB向けの無料講座を開いてくださり、久しぶりの本格的な授業で頭が汗をかくことができた。あいにく、先生の都合で講座は2月で一旦中断になってしまうんだけど、英語、フランス語、そして既に忘却の彼方になるイタリア語を少しでも磨いてゆきたいと思う。
 
(8) 趣味
子供の頃はマイカーを持つつもりでいたけど、この歳になってまだ持っていない。幼いころはスキだった鉄道模型も30年以上ご無沙汰。時間がない、お金がどうのと言っているうちに年老いてしまいそうなので、自分がやりたいこと、やってみたいことに取り組む時間を持ちたい。
 

ノスタルジア
ノスタルジア

posted with amazlet at 18.01.05
Sony Music Labels Inc. (2014-04-03)
売り上げランキング: 73,414

随著風吹 – 2017年の総括

(はじめに)
昨年末頃から、毎月末恒例のブログ更新が途絶えてしまいました。
自分で習慣づけてきたことも、一度踏み外すとなかなか戻せないものだなと反省しています。
2018年は、ちゃんと近況報告ができるようにしたいと思っています。
 
Continue reading

笑ってたいんだ

2016年は、想像以上に速いスピードで過ぎてしまった。
Continue reading

ラスト・サムライたちの夏

きょう8月24日は、田中静壱陸軍大将の命日。 Continue reading

緊急事態条項について

昭和62年11月21日、三宅島噴火。
溶岩がどんどん流れ出て、役場のある元町に近づいていた。溶岩が海に到達すると、激しい水蒸気爆発が起きて多くの島民の命に関わる。政府の指示で、全島民が船で避難することとなった。
自衛艦のほか、南極に向かっていた観測船「しらせ」も救援に向かったのだが、実はこの全島民避難は、何の根拠法もないまま官邸(中曽根康弘総理、後藤田正晴官房長官、佐々淳行内閣安全保障室長)が勝手に決めたこと。東京都ほか所轄官庁を飛び越えた上に、国民の権利を不当に制限する憲法違反と言われても仕方のない措置だった。
 
この時、中曽根総理が言ったとされる言葉:
「私が全責任を持つ。佐々安保室長、やれ。」
  Continue reading

一年の計 2016

一昨年、昨年と幾つか目標を立ててきたんだけど、今年も考えてみた:
Continue reading

一年の計 2015

昨年幾つか目標を立てて、達成できたものとできなかったものがあったけれど、何かしら道しるべがあるのは良いことだなと思ったので、今年も目標立ててみます:
Continue reading

Way Out

今年は二度目の転職をして仕事の中身も変わったけれど、僕自身がそう大きく変わったとは思えない。 Continue reading

[nmstyle] 今年も就職懇談会に参加して

昨年に続いて、先日大学の出身学科の就職懇談会に参加した。 Continue reading

She loves you.

真緒、たしかに親ってすごいよな。僕は心の中で真緒に語りかけた。
 
『陽だまりの彼女』 越谷オサム・著

 
9月9日になると、19歳のあの日の出来事をつぶさに思い出す。衝撃的な事件とか事故というものは、前兆があるはずもなく突然にやってくるものだということは、それまでの人生でも理解していたつもりだったけれど、自分の身近なところで炸裂した爆弾の衝撃は、18年経ったいまでも褪せることはない。 Continue reading

© 2018 n-mizuno blog

Theme by Anders NorénUp ↑