(承前)

さて………

ここまで述べていると
「ミズノ君、そこまで悪し様に同窓会をあげつらうよりも、アナタが同窓会役員として立候補して、中から良くないことを直してゆけばいいじゃない」
というご意見が出てくるかもしれません。
しかし、そういうごもっともな考え方は、現在の体制が存在する限りにおいては不可能と考えられるのです。

まず、2014年秋に、南舘英孝・上智大学名誉教授(当時の上智大学フランス語学科同窓会会長)から、役員に立候補しないかとのお誘いを受け、にも関わらずその申し出を一方的に反故にされた経緯を思い起こす必要があります。

その当時からいささか腑に落ちなかったのは、役員に立候補しないかと、当時の同窓会会長自らが言ってきたこと。
上智大学フランス語学科同窓会は、紙媒体で会報を発行して会員ひとりひとりに郵送するという古式ゆかしいメディア展開をしているのですから、役員の任期満了と次期役員の選挙を公示して、役員にどういう役職があって、それぞれがどういう職掌なのか等々を、会報で会員に知らしめて立候補者を募れば良いのではないかと思いましたし、むしろそうしないとフェアーな運営にはならないように思えましたから。今までそうした告知を見たことはありませんでしたし。

「成り手がいないから自分がリクルートしている」
という趣旨のことを、当時南舘英孝・上智大学名誉教授(当時の上智大学フランス語学科同窓会会長)が口にしていたように記憶しています。それは一見もっともらしい理由に思えますが、現実には、

「他のメンバーが揃ったからお前は要らない。またいつか役に立ってくれ」
(2015年4月19日付Eメール要旨)

との言い草を残し、誘っておいて一方的に反故にする結末を自ら招いています。

上智大学名誉教授にして当時のフランス語学科同窓会会長が、教え子でもある同窓会会員を持ち駒のように扱い、要らなくなれば平気でポイ捨てするさまは多少ならず面妖に思えますし、こちらから問いただすまで一切連絡もせず、自分から誘った相手を平気でシカトしていたというのは、上智大学名誉教授ってずいぶん偉いんだなぁと思わずにいられませんが、それはそれとして、実際のところ同窓会役員は一体どのように決められているのでしょうか。

以前、僕の1学年下にあたる卒業生が、フランス語学科同窓会事務局長の鍋島宣総さん(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)から「学年幹事」就任を依頼されるも、不審に思って拒絶した話をお伝えしたことがありますが、その過程で卒業生氏は、同窓会役員はどのように決められているのかを率直に訊いてみたそうです。すると、鍋島宣総事務局長(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)からは、以下の回答があった由:

常任幹事会の組織やその決め方には、いろいろと議論の余地はありますが、基本的には『互選』であっても、こちらの方で候補者を用意します。
(2015年5月13日付Eメール)

このやり方がどれくらい公正で透明性を持ち得るものなのか、僕ひとりの主観で断定することは避けますが、少なくとも、上智大学フランス語学科同窓会事務局長を務める鍋島宣総さん(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)が「こちらの方で」人事をお手盛りしていると認めて憚らない以上、現在の同窓会組織の体制に大人しく従う、言葉を選ばずに言えば飼い慣らしやすい人だけが指名され、立候補などできないシステムになっているのではないか、と想像することはできます。

同窓会を運営する人たちが役員任期の満了時期も開示せず、選挙も行わないまま一方的に人事を決めているのは、居座っている自分たちの意向に沿う人物を選別することこそが目的なのだと理解できてはじめて、この奇怪なプロセスが腑に落ちるような気がするのです。

「成り手がいないから自分がリクルートしている」という言い分は、いかにも耳あたり良く聞こえはしますが、実際に成り手がいるかいないかは、役員改選を公示して、立候補者を募らなければ分からないことではないのでしょうか。
そして、同窓会組織はその案内をすることもなく、実際には、僕が身をもって経験したように、成り手がいないどころか“余り”が出ていて、現実に選別作業が行われていました。
憶測ではなく事実が存在している以上、「一方的に人事を決めている」というほかに、この態様をどう表現したらよいというのでしょうか。

それにしても、役員が互選で変わるという認識があるのならば、「こちら」という日本語はなかなか出てこないような気がするのですが。

鍋島宣総・上智大学フランス語学科同窓会事務局長(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)は、同じ同窓会の会員を誘って新たな役職に就任してもらおうとしているまさにその時に、その相手を「こちら」ではない人と言明している、少なくとも同じ座標にいる仲間として扱っていないことを自ら証してしまっている-自分は役員なんだぞと他の同窓会会員を見下す意図があるのか、あるいはご自身がいつまでも居座り続ける前提でこちらとあちらを区別しているのかは措くにしても-のですから、そんな状況でまさかこの僕が、この先同窓会に入り込むなどということはまずあり得ない、と考えてしまう次第です。

そして、まさか、こんなお手盛りで皆さん揃って再任して
「同窓会会員から信任を得たので『問題は存在しない』
なんて主張なさるおつもりじゃないでしょうね………?

(つづく)

上智大学フランス語学科同窓会の対応まとめ

鍋島宣総
(フランス語学科同窓会事務局長・日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)

「同窓会では、把握している会員の情報の取り扱いには十分注意しています。第三者からの情報提供依頼があった場合には,必ずご本人のメールで了承を受けた上で対応するようにしています」
→ ウソでした
山岸真太郎
(フランス語学科同窓会副会長・株式会社ネクセス都市環境 代表取締役)

「もしよろしければ、来年役員の改選がございますので、ぜひメンバーに加わっていただき、議論を進めてまいりませんか?」
→ ウソでした
南舘英孝
(上智大学名誉教授・フランス語学科同窓会 前会長)

「ミズノ君には同窓会役員になってもらって、是非とも同窓会を改革していただきたい」
→ ウソでした
風間烈
(上智大学フランス語学科同窓会会長)
池田昭
(第二東京弁護士会所属, 弁護士登録番号 15626, 池田法律事務所, 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-6 宮益坂STビル9階, Tel: 03-3406-4947, Fax: 03-3406-4948)

「当会は水野信隆氏らの個人情報を■■教授に提供したことはありません」
→ ウソでした
風間烈
(上智大学フランス語学科同窓会会長)

「就職懇談会など同窓会活動を行ううえで得た情報の取扱いについては、今後もさらに慎重を期したいと思います」
→ ウソでした
山岸真太郎
(フランス語学科同窓会副会長・株式会社ネクセス都市環境 代表取締役)

「現状がこれ以上続くことを望んでおらず、この機会を好機と捉えている」
→ ウソでした

 

上智大学フランス語学科同窓会の個人情報取扱に関する主張まとめ

  • 会報では「同窓会では、把握している会員の情報の取り扱いには十分注意しています(中略)第三者からの情報提供依頼があった場合には,必ずご本人のメールで了承を受けた上で対応するようにしています」と宣言しているが、管理すべき情報でないと同窓会が勝手に定義した情報については、廃棄することなく無期限無条件に利用する。会員の同意があったかどうかは同窓会が勝手に決める。
  • 就職懇談会に参加した同窓会員の個人情報は、管理すべき情報ではないと同窓会が勝手に決めたので、好き勝手に取り扱う。管理すべき情報であるかどうかの定義は事前に知らせないし、会員の同意があったかどうかは同窓会が勝手に決める。
  • 同窓会が個人情報を好き勝手に取り扱うことについて、参加者は同窓会から明確に告知されなくても同意を与えたことにされる。会員の同意があったかどうかは同窓会が勝手に決める。
  • 会員の同意について、会員自身がどのように受け止めようがそれは「見解の相違」であり、同窓会が勝手に決めることに問題はない。
  • 参加者が他の卒業生を誘った場合には、個人情報は同窓会が好き勝手に取り扱うことを誘った人間が伝えなければならない。同窓会が好き勝手に取り扱うことを誘った人間が予め知っているかは関係ない。
  • 上智大学フランス語学科同窓会に個人情報管理規程は存在しない。個人情報の定義や管理は同窓会が勝手に決める。

 

法制度からみる現代中国の統治機構――その支配の実態と課題
熊 達雲
明石書店
売り上げランキング: 922,996