Tag同窓会会報

平気でうそをつく人たち(上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

上智大学外国語学部フランス語学科の同窓会組織が、当人の同意なく、僕を含む卒業生の個人情報を第三者に無断で開示していた件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(16) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長の代理人・池田昭弁護士(第二東京弁護士会所属、弁護士登録番号15626、池田法律事務所、〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-6 宮益坂STビル9階、Tel: 03-3406-4947、Fax: 03-3406-4948)から「反論書」なる返信が届きました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(15) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

上智大学フランス語学科同窓会が、突然「学年幹事」なる役職を新設したことや、その勧誘について、金融商品を扱う会社の経営者だった鍋島宣総さん(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)が、消費者基本法や金融商品取引法といった法律を知悉する立場にありながら、キャッチセールスさながらの強引で拙劣な手法を展開してきたことは、これまでに見てきた通りです。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(14) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

2016年5月19日に、我々から再度の書状を発出しました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(13) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

「経緯をたどったところ申し立ては誤解であることがわかりました」

本稿の読み手は既に実際のところを知ってしまっているので、会報における風間烈・フランス語学科同窓会会長の声明はいかにも珍妙、あるいは滑稽に見えるかも知れません。

言い方を変えると、こうして真実が露見さえしなければ、読み手の多くは
「フランス語学科同窓会会長である風間烈さんがここまで対応なさっているのだから、文句を言っている側が悪いんだろう。わざわざ弁護士を立ててくるなんてクレイマーの一種なんだろう」
という印象を持ってもおかしくないということです。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(12) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

ここで話の時系列を飛び越えることをお許しいただきたいのですが、2016年秋に僕は上智大学を訪問し、件の教授本人と学科長との間で本件について話し合いを持ちました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(11) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

ご記憶の方も多いかと思いますが、昨年、政治資金の私的流用を疑われてマスコミに大々的に報じられた自治体首長がいました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(10) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

一般論として、
「たまたま家を出て散歩していたら、富士山を登頂しちゃいました」
ということは起こりません。
当人が富士山に登りたいという動機を持ち、実際に山登りをしに行く意志を伴い実行に移したから、登頂という結果を摑んだことは論を俟ちません。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(9) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

回答書で同窓会の主張するポイントをまとめてみました:

Continue reading

平気でうそをつく人たち(8) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

僕自身はそこまで厳格でも杓子定規な性格でもないと思っています。就職懇談会に2年連続して参加したことからも証されると思いますが、学科や在校生の役に立つことならば、極力、協力したいですし、その気持ちはこれを書いている今の時点でも全く変わっていません。

Continue reading

© 2017 n-mizuno blog

Theme by Anders NorénUp ↑