平気でうそをつく人たち(上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

上智大学外国語学部フランス語学科の同窓会組織が、当人の同意なく、僕を含む卒業生の個人情報を第三者に無断で開示していた件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。

Continue reading

圧倒的な強み(PS)を引き出すコンサルティングオフィス Y-プロデュース代表 野竿達彦氏にブログ記事を盗用された件

圧倒的な強み(PS)を引き出すコンサルティングオフィス Y-プロデュース代表 野竿達彦氏に当サイトのブログ記事を盗用された件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。 Continue reading

オデュッセイア

ある友人が着物を纏っていたら「どうして?」と聞かれ、帰国子女でもないのに上手に英語を喋るると「どうして?」と聞かれ、まともに説明したらしたで相手は関心を示さす、「どうして?」は純粋な好奇心ではなく、ある種の刺々しさが込められていることが分かって嫌な気持ちになる、という話を聞いた。

確かにそういう人種っていると思う。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(37) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

以前、僕は仕事である東南アジアの国の僻地に頻繁に出張する機会があり、商談のみでなく、英語が話せてマルチプル・ビザを持っているという理由で、現地で工事している同僚に部材を手渡す為だけの弾丸出張に駆り出されることもありました。

Continue reading

[nmstyle] 上とか下とか

「自分はいつも下に見られる。見下される」
と愚痴を言う人って、実際のところは「自分は少なくとも相手と同等以上」という身勝手な前提や値踏み、思い込みでつくった俺様ルールを強要しようとしているだけではないのか。そのルールが現実世界と噛み合わないときに、相手のせいにしても詮無い話だろうに。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(36) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

個人情報管理規定といっても、以前にも述べた通り、難しく考える必要は全くないと僕は考えます。
「ソフィア会の定めるルールをフランス語学科同窓会にも適用するものとする」
という簡単な一文を役員会で機関決定すれば良いだけのことではないでしょうか。ソフィア会と異なる基準をわざわざこしらえる蓋然性も見当たりませんし、ましてや、風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長はソフィア会の役員も歴任されている方なのですから。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(35) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

本稿を書くにあたって資料を調べているうちに、過去のフランス語学科同窓会会報に衝撃的な記事があるのを発見しました。
2013年の就職懇談会に関わる記事が、会報の1ページをぶちぬいて掲載されています。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(34) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

合コンといえば、僕も若い頃には参加したことがありますし、合コンがきっかけで結婚した友人も少なくありません。つい数年前までは、婚活中の友達のためにメンバーを募って、自分が参加しないのに幾度も企画したことさえあったものです。
ですから、僕としては合コンそれ自体をバカにするつもりは全くありません。

Continue reading

振り向く(2018年3月)

(1) 読書
今月は24冊読んだ。第1四半期でちょうど70冊なので、順調に読み進んでいると思う。

Continue reading

[nmstyle] 恋してるとか好きだとか

女性を強姦したかどでいつの間にか有名になってしまった山口敬之氏だが、この方は米国駐在中に、ベトナム戦争で韓国軍が現地人女性に売春させていた「韓国軍慰安婦問題」を国立公文書記録管理局公文書からすっぱ抜いた敏腕記者。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(33) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

僕はかねて不思議に思ってきたのですが、事実上、就職懇談会の開催運営を同窓会に丸投げしているフランス語学科が、同窓会組織の一連の気持ち悪さをご存知なのか。知りながら、この状況を放置しているのか。

Continue reading

© 2018 n-mizuno blog

Theme by Anders NorénUp ↑