平気でうそをつく人たち(上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

上智大学外国語学部フランス語学科の同窓会組織が、当人の同意なく、僕を含む卒業生の個人情報を第三者に無断で開示していた件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。

Continue reading

圧倒的な強み(PS)を引き出すコンサルティングオフィス Y-プロデュース代表 野竿達彦氏にブログ記事を盗用された件

圧倒的な強み(PS)を引き出すコンサルティングオフィス Y-プロデュース代表 野竿達彦氏に当サイトのブログ記事を盗用された件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。 Continue reading

平気でうそをつく人たち(29) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

本稿を書くにあたって調査を進めているうちに、あるウェブサイトに遭遇しました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(28) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

2017年11月のある日、フェイスブック上のタイムラインに、フランス語学科のフランス人の教授と山岸真太郎・上智大学フランス語学科同窓会副会長の連名で、要旨以下の書き込みがありました。

「13日後の就職懇談会に卒業後3年程度の卒業生に出席してほしい。参加可能な方は連絡してほしい」

Continue reading

平気でうそをつく人たち(27) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

役員改選の話に関連して思い出したのですが、2015年頃に鍋島宣総・上智大学フランス語学科同窓会事務局長(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)がしきりに就任依頼を展開していた「学年幹事」なる役職は、今もなお勧誘が続いているのでしょうか。

Continue reading

随著風吹 – 2017年の総括

(はじめに)
昨年末頃から、毎月末恒例のブログ更新が途絶えてしまいました。
自分で習慣づけてきたことも、一度踏み外すとなかなか戻せないものだなと反省しています。
2018年は、ちゃんと近況報告ができるようにしたいと思っています。
 
Continue reading

平気でうそをつく人たち(26) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

ここまで述べていると
「ミズノ君、そこまで悪し様に同窓会をあげつらうよりも、アナタが同窓会役員として立候補して、中から良くないことを直してゆけばいいじゃない」
というご意見が出てくるかもしれません。
しかし、そういうごもっともな考え方は、現在の体制が存在する限りにおいては不可能と考えられるのです。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(25) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

もしも、僕や仲間たちが、無実の上智大学フランス語学科同窓会を貶める為に騒ぎ立てているクレイマーなのだとしたら、風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長とその代理人・池田昭弁護士(第二東京弁護士会所属, 弁護士登録番号 15626, 池田法律事務所, 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-6 宮益坂STビル9階, Tel: 03-3406-4947, Fax: 03-3406-4948)は、名誉毀損、偽計業務妨害、侮辱等々の罪状を仕立てて告訴することができるでしょう。

Continue reading

[nmstyle] より良い世界

勤務先の以前のスローガンに”…for a better world”という文言があった。今はもう別の文言に変わったんだけど…

2年前、業界の展示会に説明員として駆り出された時のこと。
会場では、お客様に製品をデモしたり説明をしたりと、昼食を取り忘れるほど慌ただしかったんだけど、そんな時不意に白髪の男性に肩を叩かれ
「ちょっと聞きたいんだけど」
会社の看板の前まで連れて来られて曰く
「この”a better world”っていうのは”the better world”の間違いだろう」

Continue reading

平気でうそをつく人たち(24) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長が「問題は存在しない」と言い張っている以上、同窓会は、自らのやり方が何も間違っていないと認識しているものと推察します。

Continue reading

[nmstyle] 手紙を書くよ

僕は海外出張中に家族や友達に手紙を書くことが間々あって、切手と投函はホテルにお願いすることもあるんだけど、時間があれば郵便局に足を運ぶようにしている。ホテルの係員が、代金とチップだけせしめて送ってくれない経験もしているから。

そして、郵便局で気づくのは、日本もそうだけれども切手は現金でしか買えないということ。

Continue reading

© 2018 n-mizuno blog

Theme by Anders NorénUp ↑