Tag力建設

平気でうそをつく人たち(上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

上智大学外国語学部フランス語学科の同窓会組織が、当人の同意なく、僕を含む卒業生の個人情報を第三者に無断で開示していた件の関連記事、まとめページを以下に紹介します。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(21) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

繰り返しになってしまうのですが、もしも本当に問題がないのに、僕や仲間たちが不当な言いがかりをつけて、それに加え、あろうことかフランス語学科の教授たちがその言いがかりに同調して同窓会組織に因縁をつけてきたというのならば、話し合いを拒否するよりもむしろ、面と向かって僕や仲間たちの不当性を公明正大に言い負かしてやれば、同窓会がいかに正しいかを教授や多くの会員たちにも見せつける機会にもなるでしょう。

それでこそ、議論をし尽くすということになるでしょうし、わざわざ弁護士歴40年の超大ベテランの池田昭氏(第二東京弁護士会所属、弁護士登録番号15626、池田法律事務所、〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-6 宮益坂STビル9階、Tel: 03-3406-4947、Fax: 03-3406-4948)まで雇っているのですから。

卒業生の言いがかりにフランス語学科長までもが乗せられて、同窓会組織に無実の罪を着せようとしているというのならば、だんまりを決め込む必要は全くなく、むしろ積極的に同窓会の立場と事実関係を説明しなければ、今後の同窓会の運営や、フランス語学科との協調体制にも影響を及ぼしかねないでしょうに、いったいどうしたことでしょうか………

Continue reading

平気でうそをつく人たち(20) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

2017年に入って、学科の教授から
「同窓会側から反応があり、一度私たちから直接お会いして伝えたい」
との連絡がありました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(19) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

本稿も思いのほか長いものになってしまいました。
いったい、ミズノ君はどうしてこんなにしつこくこだわるの? と首をかしげる向きもあるかと思いますが、もちろん僕には理由もなく他人を批難し続けるようなエネルギーはありません。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(18) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

面談して暫くした後、フランス語学科の教授からメールが届き、同窓会側に接触したところ
「現状がこれ以上続くことを望んでおらず、この機会を好機と捉えている」
旨反応があったとのこと。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(17) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

2016年秋、先にも述べた通り、僕は上智大学に赴き、先生方と面談を持ちました。授業のある平日の空きコマ、いわば勤務時間中にわざわざ時間を割いていただいたことには感謝するほかありません。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(16) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

風間烈・上智大学フランス語学科同窓会会長の代理人・池田昭弁護士(第二東京弁護士会所属、弁護士登録番号15626、池田法律事務所、〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-6 宮益坂STビル9階、Tel: 03-3406-4947、Fax: 03-3406-4948)から「反論書」なる返信が届きました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(15) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

さて………

上智大学フランス語学科同窓会が、突然「学年幹事」なる役職を新設したことや、その勧誘について、金融商品を扱う会社の経営者だった鍋島宣総さん(日本コムジェスト株式会社 元代表取締役)が、消費者基本法や金融商品取引法といった法律を知悉する立場にありながら、キャッチセールスさながらの強引で拙劣な手法を展開してきたことは、これまでに見てきた通りです。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(14) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

2016年5月19日に、我々から再度の書状を発出しました。

Continue reading

平気でうそをつく人たち(13) (上智大学フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件)

(承前)

「経緯をたどったところ申し立ては誤解であることがわかりました」

本稿の読み手は既に実際のところを知ってしまっているので、会報における風間烈・フランス語学科同窓会会長の声明はいかにも珍妙、あるいは滑稽に見えるかも知れません。

言い方を変えると、こうして真実が露見さえしなければ、読み手の多くは
「フランス語学科同窓会会長である風間烈さんがここまで対応なさっているのだから、文句を言っている側が悪いんだろう。わざわざ弁護士を立ててくるなんてクレイマーの一種なんだろう」
という印象を持ってもおかしくないということです。

Continue reading

© 2017 n-mizuno blog

Theme by Anders NorénUp ↑